佐賀県社協のご案内

トップページ >  福祉施設情報 > 地域密着型サービス外部評価

地域密着型サービス外部評価

佐賀県社会福祉協議会では、
認知症高齢者のグループホームや小規模多機能型居宅介護事業所をこれから利用しようと思っている方々やそのご家族が事業所を選択する際に客観的な情報源として活用できる「地域密着型サービス外部評価」を行っています。

評価の流れ

外部評価の結果は、こちらから見ることができます。 
上記のページから を入力し、検索

評価の内容
自己評価
【事業者自らが行います】
各地域密着型サービス事業所が日頃のサービスを自ら振り返り、評価、改善点を見出すものです。改善点をもとに地域密着型サービス事業所が計画をたて、改善に向けた具体的な取り組みを進めていきます。 外部評価を受けることで客観性を高め、自己評価を補強していきます。

外部評価
【第三者の目で行います】
県が指定した評価機関が調査を行いそれを審査して、各地域密着型サービス事業所の特徴、優れているところ、そして改善点等を明確化し、報告書にまとめます。
調査は、研修を受けた訪問調査員が二人一組で地域密着型サービス事業所を訪ね、暮らしやケアをみたり、職員と話し合ったり、記録を見ながら行います。事前に利用者のご家族にアンケートを行い、調査や審査の参考にします。

事業者の方へ
地域密着型サービス外部評価は、事業者にとっても下記のような目的で行っていますので、
受審をお願いします。

サービス評価の目的
1利用者及び家族の安心と満足を図ること
2 ケアサービスの水準を一定以上に維持すること
3 改善点を明確にし、改善に向けた関係者の自発的努力と体制づくりを促すこと
4 継続的に評価を行うことを通じて、関係者による自発的な研修等による
ケアの向上を促す教育的効果をねらうこと
5 地域密着型サービスに対する社会的信頼を高めること
申し込み時期
随時申し込みをお受けしますが、自己評価並びに調査日程の調整などから、訪問調査希望日の2ヶ月ほど前までにお申し込みください。
評価手数料
53,000円/1回1カ所
訪問調査・公開などの費用を含みます。
お問い合わせ・申込先